味のある写真を簡単に撮れる「写ルンです」を使ってみて思ったこと

味のある写真を簡単に撮れる「写ルンです」を使ってみて思ったこと

写ルンですとは

写ルンですとは、富士フィルムが販売している使い捨てカメラのこと。僕が小学校の頃(もう15年ほど前)はよく使っていましたが、最近は売っているのを見ても、使う機会はありませんでした。

撮り終わったら写真屋さんに持って行って、現像をしてもらい、初めてどんな写真が撮れたのかがわかります。

 

写ルンですで写真を撮ってみた

今回は写ルンですを使って、京都にある嵐電半日旅行に行ってきました。

嵐電の駅や周辺の風景を撮ってきたので、一部紹介します。

ちなみにこの日は雨でした。

嵐電西院駅ホームと車庫
嵐電嵐山駅隣の路地
雨の渡月橋
嵐電車折神社駅ホーム
嵐電御室仁和寺駅隣の踏切
龍安寺参道商店街
電車から降りる時に押すボタン
嵐電嵐山駅

デジカメやスマホのカメラのような鮮やかさはないけれど、フィルムカメラならではの”味”がある写真ができあがりました。

 

写ルンですならではの難しさ

写ルンですで写真を撮ってみて1番難しい!と思ったのは、暗くなってしまうことです。

上に載せた渡月橋の写真や車折神社の写真は、昼間にフラッシュを使ってもこの暗さなんです。味がある写真ではあるんですけど、夜の撮影がなかなか難しいのです。

夜の駅をフラッシュをたいて撮ったものがこちら!

うーん、暗いですよね。

フラッシュで明るくできる範囲は3mと書かれているので、駅構内など、広い範囲を撮るのは難しいのかもしれません。

 

写ルンですならではの魅力

写ルンですならではの魅力は、

①味のある写真が撮れる

②1枚の写真にいつも以上に思いを込められる

③できあがりを受け取りに行くワクワク感

④気軽に始められる

の4つだと思います。

①味のある写真は、今までの写真を見ていただければ伝わると思います。

1枚の写真にいつも以上に思いを込められる

1台の写ルンですで撮れる写真の枚数は27枚または39枚。

また、何台か写ルンですを使ってたくさん写真を撮ると、現像代がとんでもないことになる。

だから、写ルンですの撮影でシャッターをきれる回数は限られてきます。

そうなると、デジカメやスマホのように何でもカシャカシャ撮れません。

ひとます撮っておこう、何枚か撮っておけば1枚くらい良いのがある気がする、なんて思って撮ってしまうと、あっという間に残り枚数が減ってしまうんです。

 

でも、それが写ルンですのいいところでもあるんです!

どこをどのように撮ろうかな?何かもっと面白いものはないかな?って考えるから、1枚1枚の写真への思い入れも深くなります。そして、町や被写体をよく観察して、今まで気づかなかったものを見つけることにもつながります。

何よりも「これを撮ろうかな?やめようかな?」っていう、今撮ったら後で撮りたいものが撮れなくなるんじゃないか、というドキドキ感が楽しいんです。

できあがりを受け取りに行くワクワク感

撮り終わったら写真屋さんに持っていき現像してもらいます。

その現像も30分~1日ほどかかります。写真屋さんに持って行ってもすぐに見れるわけではないのです。

その待っているワクワク感も写ルンですのいいところ。

待って、受け取って見て、「しっかり撮れてる!」とか「もっとちゃんと写ってると思ったのにー(ノ_・。)」とか、初めて結果がわかる!これがまた楽しいんです。

気軽に始められる

デジカメを買おうと思ったら1万円以上しますよね。

でも写ルンですなら、コンビニやスーパー、電気屋さん、写真屋さんで1000円以下で売られています。

どこでも買えて、気軽に始められる値段なんです。

 

カメラを持ってみたい、いつもと違う写真を撮ってみたい、という人におすすめの写ルンです。

ぜひ一度写ルンですを持って、いつもの風景を撮りに行ってみてください。きっと素敵な時間を過ごせますよ!


コメント入力

*