岡山の海といえばココ!岡山県・牛窓のおすすめ撮影スポット

岡山の海といえばココ!岡山県・牛窓のおすすめ撮影スポット

岡山で海を撮りたいなら、見逃せないのが「牛窓」!
瀬戸内の入り組んだ湾と多島美から「日本のエーゲ海」とも称れるここは、フォトジェニックな風景に溢れています。
昭和レトロな町並みが残る「しおまち唐琴通り」のほか、近年新しくおしゃれなカフェや雑貨屋なども増えつつある、穴場の観光スポットです。

レトロな町並みは写ルンですなどのフィルムカメラで撮影するのもオススメ。
切り取り方はアナタ次第です。カメラ片手にぜひ散策しに訪れてみてくださいね。

① 牛窓オリーブ園

牛窓といえば外せない観光地なのが、丘の上に位置する「牛窓オリーブ園」です。
園内には有名なジェラート屋さんも。美味しいスイーツと一緒に瀬戸内海を眺められます。

これだけ島が多いですが、瀬戸内海は意外と深い海です。
しばらく海を見ていると漁船以外にもタンカーなどの大型船も行き交う様子を見ることができます。運が良ければ、姫路港や宇野港に立ち寄ったクルーズ船を見れることも

また、観光雑誌でよく紹介されている「幸せの鐘」があるのもこのオリーブ園です。
お土産屋の近くにあるので探してみてくださいね。

② 蕪崎園地 展望台

牛窓海水浴場側から牛窓神社に参拝する道中にあるのがこちら、「蕪崎園地 展望台」です。
牛窓の町と対岸の前島、その奥には小豆島や犬島、と瀬戸内海ならではの多島美を楽しめます。

東屋もあるので、ここで座ってしばらくこの風景を眺めているのもオススメ。
風の通る場所で、穏やかな気持になれます。

展望台を少し過ぎて牛窓神社側に少し寄ったところからだと、こんな風景に。
4月中旬には道沿いにツツジが咲いて、この風景にさらに赤みを添えてくれます。

なお、牛窓神社まではここからまだもう少し階段を上がります。
この階段も緑の中にあり、きれいな道です。
登り終わったらちょっと振り返って、木漏れ日の道を見てみてくださいね。
白いワンピースを着て撮影すればインスタ映えする1枚になるかも!?

③ 牛窓海水浴場

牛窓港から東に向かい、牛窓神社に参拝する手前にあるのが「牛窓海水浴場」です。
決して広い海水浴場ではありませんが、港周辺から少し外れていることもあり、平常時は静かで穏やかな場所です。
シャワーやトイレなどが整備もされていることもあり、夏には多くの家族連れで賑わいます。

近くには駐車場もあるので、海水浴場や神社に行く人はここに車を置くのがオススメ。
観光協会でレンタサイクルを借りるのもありですよ。

④ 五香宮

牛窓で最も狭い瀬戸の近くにあるのが五香宮です。
以前はこの目の前に船着き場があり、前島へ船が出ていました。その名残として近くには牛窓灯籠堂跡が残っています。

さて、ここは知る人ぞ知る猫の神社。もともと港町とあって猫が多い牛窓ですが、その中でもここは特に多いんです。
社に続く階段でくつろぐ子や、手水鉢の近くで遊ぶ子など、思い思いに過ごす猫たちの姿を見ることができます。

また、これは猫たちの機嫌次第でもありますが、海と猫とのツーショットが撮れることも。
瀬戸の目の前にある神社ならではの光景です。

なお、猫を撮るときはフラッシュ厳禁!餌やりも禁止!
マナーを心がけて撮影をしてくださいね。

⑤ 牛窓天神社

続いて紹介するのは、昭和レトロな雰囲気が漂うしおまち唐琴通り、その近くにある「牛窓天神社」です。
ここはフェリー乗り場からもとても近い場所。

ここのオススメはなんといってもこの、鳥居との組み合わせ!

港町ならではの風景が広がります。
風見鶏のついた櫓もレトロでいい感じですよね。

また、この参道を上りきると視界が開け、本殿の近くからは美しい瀬戸内海が。
ここは日本の夕陽百選の夕日の鑑賞スポット でもあるんです。
日の出日の入りの方角計算などをしながらベストタイミングを狙ってみてくださいね!

⑥ 牛窓港フェリー乗り場

こちらも夕日が美しい場所です。
ちょうど入港する漁船や前島からのフェリーとあわせて写真を狙えるスポットでもあります。

日の入りに合わせて、前島から牛窓に渡るフェリーに乗るのもオススメ!
こちらはフェリーのダイヤや天気、時期など複数の要素が絡んできてタイミングが難しくはあるのですが、その分、感動の美しさに出会えます。興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

また、夕日以外にも、毎年8月には花火大会も開催されています。
打ち上げ場所は港の正面!
大規模な花火ではありませんがその分、写真を撮るなら場所に融通が効くメリットも。
港町ならではの1枚を狙ってみてはいかがでしょうか

番外 錦海湾堤防

いわゆる牛窓というエリアとは違うのですが、近くにある錦海湾もオススメです。

以前は塩田があった場所と瀬戸内海とを区切る堤防に、新しく道が整備されました。
その上から見る海が広々としてきれいなんです。

地元では鼠島と呼ぶ、ちょこんとした丸い島の手前には牡蠣の養殖筏が並びます。
牛窓の東、備前市は牡蠣の産地としても有名なエリア。これも瀬戸内海らしい風景です。

また、堤防の上にある道そのものもとても綺麗。自転車で走りたくなるような気持ちのいい場所です。

ただ、この錦海湾と牛窓の間にはそれなりの坂が……。
直線距離ではさほど離れていないのですが、この坂が曲者です。
ロードバイクなどで坂を越えるのに慣れている方は錦海湾堤防を走ってから牛窓エリアに向かうのもアリですが、そうでない方は車で訪れたほうがいいと思います。

牛窓マップ


コメント入力

*