日本棚田百選!大垪和の棚田にバスで行く方法

日本棚田百選!大垪和の棚田にバスで行く方法

岡山県さんぽとは

岡山県さんぽとは、

僕が好きで何度も旅行に行っている岡山県の観光情報を、自分の経験をもとにして書いていこう、というものです。

大垪和の棚田って?

Ⓒ2017milpootabi

大垪和。

この地名読めますか?

 

答えは、「おおはが」です。

岡山県県北の美咲町大垪和にある棚田が今回紹介する場所です。

おかやまの自然百選のサイトによると、

久米郡美咲町の標高400mの山間地に、大きな谷全体にぐるり360度、すり鉢状に42.2ha、850枚の棚田が広がっています。おかやまの自然百選

また、日本棚田百選にも選ばれているとのこと。

棚田までのバスの運転手さんによると、田植えの時期が一番観光客が多いらしいです。

棚田は、下の地図のところにあります。

棚田までの行き方

棚田までの行き方。

まずは美咲町の列車の玄関口亀甲(かめのこう)駅までJRで行きます。

そこからバスに乗っていくことになります。

バスは亀甲駅近くの町役場から出る。ちなみにバスは無料。

しかし、地図の美咲町役場ではなく、美咲町第二分庁舎1階にバス乗り場があるため注意が必要です。(下の地図と写真参照)

Ⓒ2017milpootabi

この写真の場所がバス乗り場。

美咲町役場から棚田までのバスの時刻表はこちら

大垪和出張所前というバス停で降りると、そこが棚田ウォーキングの起点。

ちなみにこのバス、前もってどこで降りるかを言っておかないとどこまでも連れて行かれそう。降車用のボタンもなく、運転手さんからもバス停に近づいても「○○で降りる人いますかー?」とは聞かれません。

降りたその場所からおよそ5キロちょっとの棚田ウォーキングがスタート!

バス停周辺には、金・土・日曜日に営業しているカフェや自動販売機、商店があるため、軽食や飲み物も手に入れることができます。また平日のみ開いている郵便局もあります。

棚田の写真

ここから先は棚田の写真を載せていきます。

Ⓒ2017milpootabi

これは棚田の下側から撮った写真です。最初の地図で棚田公園と書いているあたり。

Ⓒ2017milpootabi

バス停から少し南に行ったあたりの写真です。

Ⓒ2017milpootabi

水が入っている時期は夕日が水面に映ってきれいらしいです。

Ⓒ2017milpootabi

以上、とても美しい大垪和の棚田と、棚田までのアクセスでした。


コメント入力

*