日本 | 旅と雑貨と、ときどきネコ - Part 2( 2 )

Category
ユニークな海鮮が食べられる! 道の駅紀伊長島マンボウへ行ってきた
旅行先での普段と違う食事は、旅の楽しみのひとつ。今回私たちが体験したのはその中でも一風変わった海鮮、マンボウです。 「え? マンボウって”あの”? 食べられるの?」 そう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もそうでした。これまで見たことも食べたこともなかったんです。 しかし。実際に...
梅雨の新おすすめスポット!! 二条城のあじさい園
梅雨といえばあじさい見物の季節。京都では、三室戸寺や藤森神社など名所がたくさんありますが、そこに新しいおすすめスポットが加わりました! 場所はなんと二条城! この度、あたらしくあじさい園が整備され、歴史ある二条城の櫓と色とりどりのあじさいが同時に楽しめる空間が生まれたんです。神社やお寺の木造建築とのコラボが多い京都のあ...
今年もあじさいの季節! 三室戸寺とあじさいパフェのセットを満喫してきた
あじさいの名所として名高い、宇治の三室戸寺。今年もその美しさを求めて宇治観光へ出かけてきました。あじさい見物をしたあとは有名なお茶屋さんでパフェも堪能。目でも舌でも楽しめる、あじさいコースをご紹介します。 あじさい園が有名「三室戸寺」 三室戸寺ってどんなところ? 三室戸寺は京都府宇治市に位置する、本山修験宗のお寺です。...
勘を頼りに。南禅寺でホタルが見られるか確認してみた
先日あげたホタルの記事を書きながら「あそこもホタルいそうなんだけどな」と考えた場所がありました。それは京都五山のひとつ、南禅寺。 気になった結果、これは自分の目で確かめたいと、さっそく出かけてきました! 先日の記事はこちらから京都市内でホタル鑑賞。ふわり舞う、初夏の風物詩を楽しんできた。 なぜ南禅寺にいそうだと思ったの...
木陰の中を涼やかに散策。青もみじを見るなら永観堂がおすすめ!
京都で紅葉の名所として知られる、永観堂。秋になれば人が押し寄せるこのお寺が、夏はとても静かに青もみじを見られる場所なのをご存知ですか? 近くを流れる琵琶湖疏水の音を聞こえるほど静かな空間が楽しめるのはこの時期ならでは。青もみじの木漏れ日が美しい夏の永観堂で、涼やかな散策時間を過ごしてみてはいかがですか? 永観堂ってどん...
京都市内でホタル鑑賞。ふわり舞う、初夏の風物詩を楽しんできた。
初夏の風物詩である、ホタル。宵闇をふわりふわりと飛ぶ姿は幻想的で、涼やかな気持ちになりますよね。 そんなホタルを見に行く先としてパッと思いつくのは、清流が流れる田舎の風景ではないでしょうか。しかし実は京都市内にもいくつかの鑑賞スポットがあるんです。しかも、繁華街を少し外れただけで! 今回はその中から、2020年初夏に筆...
こんなに違うの!? 沖縄土産「八島黒糖」の食べ比べがおもしろい!
沖縄土産としても、料理の調味料としても人気がある沖縄産黒糖。実はその味が島ごとに異なっているのをあなたはご存知ですか? この記事では黒糖の食べ比べを筆者2人が実際に挑戦!本当にその違いがわかるのか、どんな違いがあったのかをご紹介します。 沖縄にある8つの島それぞれの黒糖を試せる「八島黒糖」 今回食べてみたのは 沖縄県黒...
弥生時代に思いを馳せる。奈良県中部の唐古・鍵遺跡を歩いてきた
ときどきこのブログでご紹介している写真さんぽ、今回の行き先は奈良県の唐古・鍵遺跡です。いつもの愛機RX100M6に加え、今回は借りている一眼レフのフィルムカメラもお供にして、普段より重装備での散策になりました。 ※ この記事にはデジタル撮影の写真とフィルム撮影の写真が混ざって掲載されています 懐かしい響き、唐古・鍵遺跡...
地元のいちご・あすかルビーがたっぷり!明日香村のストロベリーフェアに行ってみた
関西近辺ではいちごの産地としてよく知られる奈良県。そんな奈良県の明日香村で、いちごスイーツのイベントが開催! 甘い物好き・いちご好きにはたまらないイベントへ出かけてきました。 明日香村のストロベリーフェアとは 『明日香ストロベリーフェア』とはいちご産地のひとつである明日香村で行われる早春のスイーツイベント! 村内にある...
日本名水100選!奈良県の「ごろごろ水」配合の美容液を使ってみた!
ごろごろ水の紹介 ごろごろ水は奈良県天川村に湧き出ている硬度89の軟水です。硬度が89もあるとは思えないほどの滑らかな飲み心地で、甘みがありすっきりした味わいです。カルスト地形のこの地では、石灰岩層に水が触れることで弱アルカリ性、またミネラルの豊富な水が湧出します。さらに吉野熊野国立公園に位置しているため開発が行われて...