feature#1 畝傍駅 〜昭和の香り漂うレトロな木造駅舎〜

feature#1 畝傍駅 〜昭和の香り漂うレトロな木造駅舎〜


畝傍駅は1893年(明治26年)に高田~桜井間の開業に合わせて設置された、JR万葉まほろば線の駅だ。現在の駅舎が完成したのは1940年(昭和15年)。
橿原神宮紀元2600年祭式典時に、昭和天皇の行幸に合わせて建築された木造の駅舎である。そのため貴賓室も設けられており、貴賓室は不定期だが一般公開されている。

ここからは畝傍駅のレトロな写真を紹介したい。

ここでもう少しだけ畝傍駅の歴史を振り返ってみる。
畝傍駅には現在JRのみが乗り入れているが、過去には吉野鉄道という会社が乗り入れていた時代があった。
吉野鉄道は国鉄吉野口駅から吉野駅(現在の六田駅)まで、吉野郡へのアクセス改善と吉野の木材の輸送のために敷設された。
その後、木材の集積地であった桜井への輸送強化のため、吉野口駅から畝傍駅まで吉野鉄道は延伸した。
そのルートが今の近鉄吉野線になっている。
しかし、並走する他社との競合区間となった橿原神宮前~畝傍間(小房線)はまもなく廃止となった。

この吉野鉄道が前身となっている近鉄吉野線が、近鉄では珍しく狭軌を採用している理由は国鉄に合わせたから。
国鉄に乗り入れて大阪から吉野への観光客輸送や木材の運搬をする必要があったため、国鉄を同じ線路幅で造られた。
その名残が今も近鉄吉野線には残っているのである。
1952年(昭和27年)に廃止された小房線、吉野鉄道へのロマン、そして昭和から時が止まったような緩やかな時間の流れが今も畝傍駅には残っている。

アクセス

■JR万葉まほろば線畝傍駅徒歩0秒
■近鉄橿原線八木西口駅から徒歩3分
■近鉄大阪線・橿原線大和八木駅から徒歩10分
■駅前の駐車場は24時間550円

「明日(あす)、気の向くままに明日香・橿原を旅しよう」をテーマに、明日香村、橿原市と周辺の町の風景や物語をお届けする
「あすたび!」トップページはこちらから!


コメント入力

*